出勤で行った韓国視察で食べたスンドゥブチゲが美味しくて家での標準計画になった。

普段は味噌鍋クッキングや味噌汁繋がりは家ではほとんど食べませんでした。あたいが食べないので家族も押しなべて食べないような流れでした。わざと食べるとしたら湯豆腐やしゃぶしゃぶといったもんでした。

箇所が職種ではじめて韓国に訪問に行ったときに、現地の製造元のヤツに韓国食堂へ夕飯に連れて行ってもらった期間だ。韓国と言えば焼肉などがありますが、それをお腹いっぱいに食べた〆に、チゲ鍋を進められました。韓国では味噌スープを頼んで最後に食事と共に食べて〆るそうです。あたいはお勧めを聞いて、厭わしいというスンドゥブを要請しました。すると、さすがに辛さはデタラメなかったのですが、食事と共に食べると大きく美味しくてあたいを満たしてくれました。その日から韓国から帰るまで何回も食べました。

初めての味覚だったので、日本でも食べられるのか聞いたところ、おんなじ味覚はない、薬味が違う、との事でした。なので、現地のヤツに教えてもらって薬味(味噌、唐がらし程度)が打って要るデパートに連れて行ってもらい、スンドゥブで必要な薬味を買って我が国へ帰りました。

帰って一気に自分でWEBを参考に作ってみました。それを赤ん坊や女性にm食べさせた箇所、厭わしいけどうまいと言ってくれました。赤ん坊は辛くて味噌の味覚が愛するのか、定期的に食べたいという事で、それからは1回/週間のペースで取るようになりました。

今ではサイト通販を利用して、鍋や薬味を定期的に購入して、トータルが韓国進め方で、我が家の確実メニューになっています。顔の赤みに効く化粧水はこちら